【UUUM株式会社・後編】ABWの徹底とデュアルワークへの対応、アソビナカマを増やして共創に貢献
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【UUUM株式会社・後編】ABWの徹底とデュアルワークへの対応、アソビナカマを増やして共創に貢献

hataraku編集室

オフィススペースの狭さとオフィスの点在からくるコミュニケーションロスなどの課題を移転プロジェクトによって解決し、「アソビナカマ」を増やすことに成功したUUUM。

そうして集まったアソビナカマは互いにインスパイアしあい、狙い通り化学反応を起こしてクリエイターコラボや企業タイアップ撮影・配信に大きく貢献する結果となりました。

後編では、コロナ禍の環境において出社スタッフ、在宅スタッフのどちらもが仕事をしやすいようにする「デュアルワーク」環境の構築や、UUUMらしさを全面に出した企業文化の醸成についてお話をうかがいました。

常務執行役員の中尾さん(左)とコーポレートユニットチームリーダーの福永さん(右)

ABWの考え方をベースにデュアルワークを実現

フリーアドレスの徹底とTPOに合わせたコミュニケーションの形

先進的な企業なだけに元々フリーアドレスの文化があるなど、ABWのベースはあったUUUMですが、一部はやはり固定席になってしまっていたり、いろんな働き方ができるように、バリエーションに富んだ執務スペースを用意したいという課題・要望もあったようです。

そんな中スタッフにアンケートをおこなったところ、

・会議室を増やして欲しい
・フリースペースを増やして欲しい
・フリーアドレスをちゃんとして欲しい

(私物をデスクの上に置いて専有しない→そうならないためにも私物をきちんと保管できる場所を作って欲しい)

などの意見が出たそうです。

そこでフリーアドレスの徹底と、TPOや気分に合わせて仕事をする場所を選ぶことができるように執務スペースのバリエーションを拡充

以前のオフィスはスペース不足の状況を補うという側面でも行われていたABWでしたが、新しいオフィスでは、様々なタイプの執務スペース、デスクを用意したため、使える執務スペースの選択肢が増え、本来のフリーアドレスの良さが発揮できるようになったと好評だそうです。

またTPOに合わせてコミュニケーションを取ることができる場所が以前に比べ圧倒的に増えたことは、コロナ禍の中、出社・在宅のどちらでも快適に働くことができる「デュアルワーク」環境の構築にもつながっています。

出社スタッフ、在宅スタッフ、双方が快適なデュアルワーク環境づくり

UUUMでは家で働くこととオフィスで働くことを両立させ、出社スタッフ、在宅スタッフのどちらもが仕事をしやすいように、デュアルワーク環境づくりに力を入れています。

例えば、現在ではオフィスに来ても、在宅ワークでもオンラインミーティングが当たり前になっています。

するとオープンの場では話せないこともあるため、オンラインミーティングのために会議室が専有されてしまうといったことが起こりうるのです。

UUUMではその対策のために「テレキューブ※」を複数台導入。テレキューブを導入したことで、会議室の稼働状況も大幅に改善されました。コロナ禍であってもオフィスを快適に利用できるように、そしてコミュニケーションが取れるようオフィスづくりは今も続いています。

※テレキューブ・・・「テレキューブ」は防音型のコミュニケーションボックスで、内部には、テーブル、椅子、電源コンセントなどがあり、セキュリティが保たれた静かな環境で業務や電話、オンラインミーティングを行うことができます。 

広々としたエントランス、使用する人に合わせた3つの入口でストレスを軽減

UUUM本社に入ってみて最初に驚くのが、エントランスから会議室に至る通路が他には類を見ないほど広く、ゆったりと贅沢感のある設計になっていることです。

エントランスから会議室エリアへの通路

この点について中尾さんにうかがってみると、「クリエイターなど来社する方にストレスを感じさせないためです。至近距離ですれ違ったりすると、色々と気を使うじゃないですか。そのストレスを取り除きたかったんです。」とおっしゃいました。

また以前のオフィスはスペースの問題から来客者が執務スペースを通らないと応接スペースまでたどり着けず、非常に気まずい思いをさせてしまったという反省から、今回は動線をきちんと分けているそうです。

具体的には、スタッフ、来客者、クリエイター、それぞれの入口を用意し、それぞれが顔を合わせなくて済むような工夫をしているとのこと。

この工夫で、2回、3回来社したクリエイターは専用のエントランスから入り、そのままスタジオ入りできるため他の人と顔を合わせることがなく、ストレスを感じにくくなっていると中尾さん。

結果として制作に集中でき、よりクオリティの高い作品を作ることができるようになったとおっしゃっていました。

UUUMらしさで企業文化を醸成する

福永さんに今回のオフィスで最も気に入っている場所をうかがうと、「エントランスです。UUUMらしさがもっとも色濃く表現されていると思うからです。」と答えていただきました。

そのエントランスには大型のモニターが数多く設置されており、所属するクリエイターのYou Tube動画が絶え間なく流されています。

所属クリエイターのYouTubeが映し出される空間は圧巻

確かに動画クリエイタープロデュースのトップ企業にふさわしい演出ですし、「クリエイター、ファン、スタッフが一つになれる場所なんです。」という福永さんの言葉にも説得力があります。

またクリエイター、ファン、スタッフが一つになれるイベントとしては数万人規模の動員を誇る「U-FES.」を主催しており、こちらもUUUMらしさ全開。UUUMの企業文化を醸成しているのです。

以前のオフィスから大切に扱われ、現在は会議室スペースに飾られている
U-FES.でファンが好きなクリエイターにメッセージを書き込んだサインボード 

限られた予算の中、プライオリティの割り振りに腐心した

ABWへの完全移行など、比較的スムーズに移転プロジェクトが進んだようにも思えるUUUMですが、中尾さんによると、表に現れない苦労は数多くあったようです。

「何よりもコンセンサスを取るのが大変でしたね。使えるコストは限られているので、何にプライオリティを置くかが難しかったです。」

「例えば音撮りのできるスタジオ(レコーディングスタジオのような設備)やキッチンスタジオを作りたいという要望もありましたが、完全な防音にするためには壁を数十cmの厚さにしなければならなかったり、キッチンスタジオにはダクトを設けなければならない。普通のオフィスビルでも特別な工事をすれば実現できないこともないんですが、コストがとんでもなく跳ね上がってしまう。それで泣く泣く断念したんです。」とのこと。

そんな中、予算にメリハリをつけ、優先順位の助言をする清和ビジネスの手法はありがたかったとのお言葉をいただきました。

清和ビジネスのメリハリのある予算配分には満足している

今回のプロジェクト担当者である中尾さんと福永さんは、大規模なオフィス移転の経験がほぼ皆無でした。

そんな中、「予算のこと、プロジェクトの進め方、1ヶ所ごとの細かいことまで、清和ビジネスに逐一相談することができ、それに対しレスポンス良く返事が帰ってきたのは非常にありがたかった。」と福永さんはおっしゃいます。

また中尾さんからは、前述したとおりコストのかけ方にメリハリが効いており、エントランスなどコストのかかっている区域と執務室などコストを抑えた区域をきちんと分け、コストを抑えた区域も限られた予算内で満足のいくものを実現してもらうことができたとのお言葉をいただきました。

更には「廃棄を極力少なくし、使えるものは新しいオフィスでも利用していく。これは、コストを抑えるだけでなく、SDGsにもつながるので、取り入れて良かったと思っております。」ともおっしゃっていただけました。

旧オフィスのサイネージはクリエイター用エントランスに受け継がれている

まとめ

UUUMは2022年6月より10期目に入り、2023年6月には10周年を迎えます。

You TubeやSNSの広がりにより、クリエイターやインフルエンサーの役割は、日に日に大きくなり、様々な情報を提供し活躍をされています。放送や出版といったメディアと肩を並べ注目を集めている今、同社はさらなる躍進を遂げ、多くのアソビナカマが集まることから、その受け皿であるオフィスが重要になるはずです。

社内のインフラをしっかりと整えることで、社員、クリエイターが最高のパフォーマンスを発揮でき、更なるコラボレーションや新たな価値を生み出していく。この「はたらく環境」は、企業の成長とともに、進化を続けていくのではないでしょうか。

 【取材協力】
会社名:UUUM(ウーム)株式会社
設立:2013年6月
資本金:7億8,714万円
代表者:代表取締役 社長執行役員 兼 CEO 鎌田和樹
従業員数:545人(2021年5月末時点)
web:https://www.uuum.co.jp/


【UUUM株式会社・前編】ABWの徹底とデュアルワークへの対応、アソビナカマを増やして共創に貢献



清和ビジネスのオフィス構築事例集

【ダウンロード】→https://go.seiwab.co.jp/l/893951/2021-07-14/fg1m


清和ビジネスについて



みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
スキありがとうございます!by hataraku編集室スタッフ
hataraku編集室
はたらく場所、はたらく空間、はたらく環境。はたらく道具、はたらく心、はたらく身体。 明日の“はたらく”をより楽しく、より快適に。清和ビジネスのはたらくwebメディア「hataraku」はじめました。