hataraku~はたらく~株式会社清和ビジネス

はたらく場所、はたらく空間、はたらく環境。はたらく道具、はたらく心、はたらく身体。 明日の“はたらく”をより楽しく、より快適に。清和ビジネスのはたらくwebメディア「hataraku」はじめました。

hataraku~はたらく~株式会社清和ビジネス

はたらく場所、はたらく空間、はたらく環境。はたらく道具、はたらく心、はたらく身体。 明日の“はたらく”をより楽しく、より快適に。清和ビジネスのはたらくwebメディア「hataraku」はじめました。

リンク

マガジン

  • #清和ビジネスの「はたらく場」づくり

    清和ビジネスのオフィス構築事例の記事をまとめました。 ・UUUM ・ディノス ・保健同人社 ・東洋大学 オフィスだけでなく、学び場である大学・学校、病院などの事例や、お客様へのインタビュー記事もただいま準備いたしております。 はたらく場・学び場づくりの参考にしてください。

  • #はたらく×Well being

    「健康」にはたらく。そのための空間づくり、オフィスでのトレーニング、休憩法など、さまざまな情報を記事にしています。 WELL認証を取得実績をほこる清和ビジネスならではの視点で「はたらく×健康・Well being」をまとめております。

  • #日本橋まとめ

    清和ビジネスでは、本社を構える東京・日本橋の歴史や現在のトレンド情報、オフィスの再開発情報などさまざまな情報を発信しています。 日本橋のビジネスワーカーに向けて、明日の「はたらく」より楽しく、より快適になる情報をお届けしたいと思います。

#清和ビジネスの「はたらく場」づくり

清和ビジネスのオフィス構築事例の記事をまとめました。 ・UUUM ・ディノス ・保健同人社 ・東洋大学 オフィスだけでなく、学び場である大学・学校、病院などの事例や、お客様へのインタビュー記事もただいま準備いたしております。 はたらく場・学び場づくりの参考にしてください。

すべて見る

#あたらしいオフィス 清和ビジネスのオフィス構築事例、空間構築事例

今回、hatarakuでは、清和ビジネスがお手伝いをさせていただきました各社さまのオフィス、専門施設を事例として紹介させていただきます。 オフィスについては、各社のコンセプト、オフィスの役割、オフィスの狙いなどは、皆さまのオフィスづくりの参考になるかと思います。 ぜひ、ご一読ください。 株式会社ディアイティ様本社移転プロジェクト 緑あふれる特注テーブルが目を引く、社員の集いの場 その日の気分や作業内容で自由に席を選べるABWを導入 社員同士のコミュニケーションの活性化を

スキ
8

【UUUM株式会社・前編】ABWの徹底とデュアルワークへの対応、アソビナカマを増やして共創に貢献

日本で動画クリエイターなどのインフルエンサーマネジメントや総合プロデュース事業を手掛けた先駆けであり、トップ企業であるUUUM株式会社(以下UUUM)。 同社は今まで、その急激な事業規模の拡大によって常にオフィス環境に課題を抱えており、慢性的なキャパオーバーと、オフィスが点在することによる様々なロスに頭を痛めていました。 またクリエイターやスタッフ、ファンの方々、お客様を「アソビナカマ」と位置づけ、それらが交じり合うことで化学反応が起こり、さまざまなコラボレーションが続出

スキ
16

【UUUM株式会社・後編】ABWの徹底とデュアルワークへの対応、アソビナカマを増やして共創に貢献

オフィススペースの狭さとオフィスの点在からくるコミュニケーションロスなどの課題を移転プロジェクトによって解決し、「アソビナカマ」を増やすことに成功したUUUM。 そうして集まったアソビナカマは互いにインスパイアしあい、狙い通り化学反応を起こしてクリエイターコラボや企業タイアップ撮影・配信に大きく貢献する結果となりました。 後編では、コロナ禍の環境において出社スタッフ、在宅スタッフのどちらもが仕事をしやすいようにする「デュアルワーク」環境の構築や、UUUMらしさを全面に出し

スキ
12

(前編)保健同人社が目指す「BASE for your Well-being」実現の軌跡

身体的のみならず、精神的、社会的にも健康、幸福である世の中をめざす「保健同人社」(東京都港区)は、2021年に本社移転という大きな節目を迎えました。1946年の創業以来、70年以上にわたり健康を追究してきた同社が、移転先の新オフィス構築時に掲げたコンセプトは「BASE for your Well-being」。思いを実現するべく、清和ビジネスも新オフィス構築プロジェクトをサポートしました。プロジェクト実現までの軌跡をたどります。 イノベーションのため必須だったオフィス改修保

スキ
10

#はたらく×Well being

「健康」にはたらく。そのための空間づくり、オフィスでのトレーニング、休憩法など、さまざまな情報を記事にしています。 WELL認証を取得実績をほこる清和ビジネスならではの視点で「はたらく×健康・Well being」をまとめております。

すべて見る

オフィスで「コーヒーナップ」。コーヒーを飲んで15分の「昼寝」。午後の生産性を高める!

さて皆さん、「コーヒーナップ」という言葉を聞いたことがありますか?  コーヒーを飲んでサクッと昼寝をして、リフレッシュした気分で午後の仕事をスタートしようという取り組みです。   企業の働き方改革や健康経営のブームもあって、近年「生産性の実現」に向けた方法のひとつとして、注目されてきました。   コーヒーは眠気覚ましというイメージが強いですが、昼寝に効果があるのでしょうか? 実際どんな感じなのかなと思って、さっそく社内で体験イベントを開いて、みんなの感想を聞いてみました。

スキ
9

背骨をのばして姿勢シャキッ!~第一印象からプレゼンで勝つには

在宅ワークで一日中のパソコン作業、肩こりや腰痛の悩みが増えていませんか?そんな凝り固まった身体では長時間のデスクワークは拷問です。 いざ出社してプレゼン!コンペ!という時も、背骨の丸まった姿勢では第一印象から暗く重い雰囲気が出てしまい、せっかく作ったパワーポイントの説得力も半減してしまいます。 海外のビジネスマンは、朝ヨガやピラティスのクラスを受け身体を整えてから出勤すると言います。体も心も柔軟だからこそ、ハードなビジネスシーンを乗り切ることができるのでしょう。 今回は

スキ
134

【ゴールドジム監修】デスクワークのお悩み別「筋力UPトレーニング術」

コロナ禍でテレワークが定着したことで、意識的に身体を動かす必要性が増しています。健康であることは、個人にとってももちろんですが、企業にとっても重要な指標です。経営者や人事・労務の方々は特に従業員の健康を気にされているのではないでしょうか。 そこでオフィスワークやテレワークの合間にできる、運動不足の解消法をご紹介いたします。今回はトレーニングの専門家、ゴールドジムの佐藤貴規さんに監修いただきました! 「デスクワークあるあるな悩み」を4つピックアップ!hataraku編集部で

スキ
10

WELL認証とは?(前編)WELL認証ゴールドを取得する清和ビジネスが解説

近年、オフィスの快適性や社員の健康に焦点を当てた「WELL認証」という認証が注目を集めているのをご存知でしょうか。清和ビジネスでは2020年にWELL認証のゴールドを取得し、この知見をもとにお客様のオフィス改修にも「WELL」の視点を取り入れたご提案をさせていただいております。この「WELL認証」。国際的な建物・室内環境評価システムのことで、海外ではすでに多くの建物やオフィスが認証を受けており、健康経営の推進、企業ブランディング、離職率の減少といった観点から、国内でも知られる

スキ
5

#日本橋まとめ

清和ビジネスでは、本社を構える東京・日本橋の歴史や現在のトレンド情報、オフィスの再開発情報などさまざまな情報を発信しています。 日本橋のビジネスワーカーに向けて、明日の「はたらく」より楽しく、より快適になる情報をお届けしたいと思います。

すべて見る

【後編】知られざる日本橋の復興物語 「金融」の街・日本橋編

 前回は、商業センターとしての日本橋界隈を紹介しました。高度成長時代とともに、日本橋が成長した理由は各百貨店の台頭、中流層による購買力の高まりなどがありました。加えて、オフィスビルの建築が相次いでなされ、東京の中でも大きな存在感を示すことになりました。もちろんその萌芽は戦前よりありましたが、戦後はさらにパワーアップしました。 金融の街「日本橋」  次に金融センター街としての日本橋です。2021年のNHK大河ドラマの主人公は渋沢栄一でしたが、日本初の銀行を日本橋兜町に建築し

スキ
17

【前編】知られざる日本橋の復興物語 「百貨店」の奮闘・躍進編

金融、商業地域として発展を続ける日本橋。その秘訣はあくなき革新の歴史があった。日本橋が動けば江戸時代以降の日本史も動く。 それほど日本史における日本橋界隈の役割は大きく、それは現在も変わりません。 たとえば、「三井越後屋呉服店」は後に「三越」と発展し、呉服屋から百貨店へと変貌したことが百貨店のはじまりです。また、江戸時代に金の小判の鋳造にあたっていた場所は、「金座」であり、これが現在の日本銀行にあたり、日本の最初の銀行である「第一国立銀行」も日本橋兜町で誕生しています。

スキ
16

(後編)日本橋に青空が戻る日 ~日本橋首都高速地下化工事と再開発、そして新たな働き方が生まれる街に~

前編では、日本橋の首都高地下化事業や再開発の動向をリポートしました。2040年には日本橋に青空が戻るだけではなく、その界隈には超高層ビルが立ち並び、風景も激変し、ある一面では国際的にも有力なビジネス街になることが想定されることについてまとめました。 後編では、日本橋川を中心に水の都、親水都市としての顔や、日本橋の歴史、そしてこれからの日本橋の姿をさまざまな資料をもとに紹介いたします。 20年後の日本橋の未来は伝統と革新が融合し、新たな街へと再生していきます。 水の都、親

スキ
9

(前編)日本橋に青空が戻る日~日本橋首都高速地下化工事と再開発、そして新たな働き方が生まれる街に~

東京・日本橋界隈では長年の悲願であった日本橋川とともに、日本橋に青空を戻すプロジェクトがいよいよ本格的に動き出しました。 首都高速道路(以下、首都高)は、都心環状線の日本橋区間約1.8km(トンネル区間は約1.2km)の地下化の工事に本格着手、三井不動産などが行う「日本橋再生計画」や再開発、街づくりと連携し、2035年には高速道路の地下化、2040年には高架撤去を予定、日本橋の新たな雄姿が近隣のビジネスパーソンを楽しませることになります。これから、日本橋やその界隈はどのよう

スキ
12